給与振込口座を会社指定にされたら拒否できる?

通帳

KABESHI

皆さんの会社では給与は口座振込でしょうか?
もしそうならば振込口座はどのように決めましたか?
少数にはなってきましたが、以前は給与振込口座に使う金融機関を会社が指定することも多くありました。
しかし、本来給与振込口座は従業員の自由に指定できるものです。

現金支給が原則

意外に思われるかもしれませんが、法律上、給与は現金支給が原則です。
ある程度の企業に勤めていれば振り込みが当たり前かもしれませんが、零細企業や町工場のような職場では現金支給はまだまだ存在しています。

現金支給の原則は労働基準法に定められています。

賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な支払の方法で厚生労働省令で定めるものによる場合においては、通貨以外のもので支払い、また、法令に別段の定めがある場合又は当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

労働基準法第24条

「通貨で」支払うことが定められていて、ただし書き以下、一定の条件に合った場合は通貨(現金)支給以外の方法が認められています。

口座振込の場合でも会社指定はダメ

原則は現金支給ですが、従業員の同意を得た場合は口座振込による支給が可能です。

使用者は、労働者の同意を得た場合には、賃金の支払について次の方法によることができる。
一 当該労働者が指定する銀行その他の金融機関に対する当該労働者の預金又は貯金への振込み

労働基準法施行規則第7条の2 1項

このようにあくまでも従業員からの指定が原則となっています。

会社が銀行を指定する本意は?

一番の理由は自社メインバンクと同じ銀行にすれば振込手数料が安くなるからです。

以前は自分の印鑑さえ預ければ銀行担当者と経理担当者間だけで従業員の口座を作れた時代もありました。
しかし昨今は口座を作ることが難しくなっているので、このようなやり方は通用しなくなっています。

会社から給与振込にあたって銀行指定をされた場合は、従業員側は拒否することが可能です。
おそらく拒否を理由に現金支給する企業もあまりないかと思います。(企業側も現金用意するのは手間です)

まとめ

  • 法律上は現金支給が原則
  • 振込であっても従業員本人の指定口座で良い