労働基準法に休憩時間帯の決まりはある?

休憩

KABESHI

普段何気なく取っている休憩時間ですが、労働基準法に定められています。
多くの企業では昼休憩が12~13時になっていることかと思いますが、労働基準法上では休憩時間帯についてどのように定めているのでしょうか。

法律の決まりは

休憩時間について定めた労働基準法第34条では次のようになっています。

使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

労働基準法第34条

時間帯について具体的な指定はありませんが、唯一”労働時間の途中”でなければいけないと定められています。

12~13時にする必要は全くありません。

休憩回数に制限はあるか

休憩時間については1回でまとめて取らせなければいけないわけではありません。
次のように分割で取らせることも可能です。

  • 10:30~10:40
  • 12:00~12:40(昼休憩)
  • 15:00~15:10

実際にこのように午前や午後に10分の小休憩を挟む企業はあります。
工場系に多いかもしれません。

労働時間の途中

次に労働時間の途中の意味です。

ここについては文字とおり”途中”に与えれば良いので、先述の回数と同様に特に決まりがあるわけではありません。
だからといって、労働基準法が定める休憩の趣旨に反するような休憩の取らせ方は基本的にダメと考えた方が良いでしょう。

  • 09:00~09:01(労働)
  • 09:01~10:01(休憩)
  • 10:01~18:00(労働)

このケースは就業開始1分で休憩が開始します。
極端な例かもしれませんが、理屈上は成り立ってしまいます。

しかしこのような法の趣旨を逸脱するやり方は行政指導になる可能性もあるため、きちんと休憩の本来の意味を持った取らせ方をさせなければいけません。

昼休憩に関する個人的所感

筆者は転職も数回し、いくつかの職場を経験してきましたが、昼休憩については疑問が多くありました。

ほとんどの企業で12~13時だったのです。

しかし他の企業も同様に一斉に昼休憩を開始するため、まずランチの場所を見つけるのに非常に苦労します。
自分一人なら良いですが、グループで行くとまとまって座れる席がないため待つはめになるからです。

時間帯については法律上の義務ではないので、例えば11時30分からにする、あるいは13時からにする、等とずらして取らせることも企業にとっては重要なことだと考えています。
ランチで疲れてしまうのでは生産性に悪影響だからです。

時間帯を少しずらせば快適なランチタイムを送れるわけですから、何となく惰性で12時からと定めている企業が多く、そこが残念です。

なお補足しますが、一定業種の場合は一斉休憩が除外されています。
それ以外の業種の企業であっても、労使協定があれば一斉休憩は義務にはなりません。

もう少し生産性を上げるという観点からランチタイムを再考すべき企業が多いように感じます。(通勤ラッシュも同様ですね)

まとめ

  • 労働基準法には休憩時間帯の定めがないため基本は企業ごとに決める
  • ただし労働時間の途中に与える必要がある
  • 分割した休憩を与えることも可能